>

教科書並みの内容になっています

視力低下になる可能性もあります

夜や昼などその人のペースに合わせて授業が開催されている為、暗い場所や目を画面に近づけ過ぎてしまうと、かえって目に大きな負担をかけてしまい視力低下になって恐れがあります。
最近でもスマホやパソコンから放たれている光が人体に問題を起こす可能性があるとして、それを防ぐ為の眼鏡も販売されるようになりました。
確かに、眼鏡をかえて光を遮る事も大切なのですが、元から目が悪い人はそうしても視力低下が起こる場合もあるそうです。

防ぐ為には、きちんと姿勢を整えてある程度は画面から離れて授業を受ける事が良いそうです。
オンライン講座は周りに誰もいない状態で受講するスタイルが多い為、ついつい姿勢を気にする事なく楽な感じに座ってしまう事も多いです。

姿勢が悪いと腰痛が悪化します

姿勢が悪いと一番悪影響が出るのが腰です。
上半身の体重を支えているのが腰であり、姿勢が悪いとその負担も倍になってしまいます。
最近では、椅子に取り付けるタイプの姿勢を正すクッションやベルトが販売されているのでそれを利用しながらオンライン講座を受講するのも良いと思います。

腰の痛みと言うのは意外と耐えられない感じの痛みが多い為、悪くしてしまうとオンライン講座自体を受講し続ける事すら危なくなってしまいます。
少しでも腰に負担をかけないようにする為には、前の記事でも少し紹介したように、画面から離れる事も大切なのです。
そして、疲れたと思ったら軽くストレッチをしたり座り直したりして、体をほぐしてあげる事も良い方法だと思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る